アンティーク家具のメンテナンスの依頼方法

アンティーク家具のメンテナンスの依頼の流れ

インテリアにこだわりを持っている人の中には、年代物のアンティークと呼ばれる家具を好んで使用しているケースも少なくありません。自宅でこうしたアンティーク家具を使用している場合に悩みの種となるのがメンテナンスの問題です。どんなに大事に扱っていても消耗品である以上、定期的にメンテナンスを行うことが必要不可欠となります。 メンテナンスは自分で行うことも可能ですが、アンティークは高級品なので専門的な知識や技術を持っていないのであれば専門家へ依頼することがおすすめです。 依頼の方法は、はじめに専門の業者に修理の依頼を申し込みます。この申し込みの時に依頼する家具の大きさや種類といった情報をしっかりと伝えて見積もりを出してもらって契約の有無を決めるのが基本の流れです。

依頼をする時に注意するポイント

アンティーク家具のメンテナンスを依頼する場合に、事前に知っておくべきポイントがいくつかあります。 まず、基本となるのが業者による価格の違いです。一口にメンテナンスと言っても依頼する業者によって費用が異なるため、一つの業者で決めるのではなく、必ず複数から見積もりを取って比較しなくてはいけません。骨董品や美術品という位置付けになるアンティーク家具は、種類によってはメンテナンスを依頼した時に難色を示されてしまうことも多いのが実情です。複数の業者に見積もりを取る作業は、こうしたメンテナンスの可否の確認作業にもなります。 次に、費用面だけでなく、補償についての確認も忘れてはいけません。アンティークは一点ものである以上、万が一の時に同じ商品を別に用意することはできないので、修理についての補償がされている業者を選ぶことが大切です。